|ホーム| … NEWS、新着情報、MAP
荒川晃嗣のプロフィールを開く
荒川晃嗣
 有限会社テクトスタジオ・代表取締役
 
荒川朱美のプロフィールを開く
荒川朱美
 有限会社テクトスタジオ・取締役
 京都造形芸術大学環境デザイン学科教授
 
CONTACT US 
業務時間: 10:00〜19:00
休日/土曜・日曜・祝日
事前にご連絡いただければ、時間外でも打合せをしております。
お気軽にお問合せください。
TEL: 075-354-9250
FAX: 075-354-9251
E-MAIL:
住所: 京都市下京区若宮通松原下る
亀屋町48番地 萬年荘1階
〒600-8451
案内地図:
土地探しもお手伝いしています
住まいのリフォーム相談所を見る
賃貸住宅をお考えの方へを見る
住まいの新築をお考えの方へを見る
パンフレット
住宅
特集
リフォーム
特集
賃貸マンション
特集
PDFファイルを開く PDFファイルを開く PDFファイルを開く
京都市下京区にある京町家の事務所を拠点として、建築家の荒川晃嗣と荒川朱美を中心に建築設計・監理をおこなっている建築設計事務所です。個人住宅、マンション、店舗、医院、保育園、宿泊施設、事務所ビルなどの実績があり、新築やリフォームをシンプルで美しい建築空間を提案することが目標です。活動範囲は京都を中心に、大阪、兵庫、滋賀、奈良、和歌山に及んでいます。
※PDFはAdobe Reader(無償)をインストールしてからご覧ください。
≫テクトスタジオから・・・NEWS
新着情報
京進ランゲージアカデミー_竣工2016年7月 June.2017
"Kyoshin Language Academy" ;
Private-tutoring school; New building
 
撮影者 岡田大次郎
上錫屋町の家_竣工2016年11月  May.2017
"KAMISUZUYA house" ; Private residences; Reform
 
撮影者 岡田大次郎
下鴨の家_竣工2016年10月  May.2017
"SHIMOGAMO house" ; Private residences; Reform
 
撮影者 岡田大次郎
(株)フジキ大阪本店_竣工2016年3月 Apr.2017
Office "FUJIKI Corporation,Osaka" ; Reform
撮影者 岡田大次郎
紫野の家_竣工2016年8月  Jan.2017
House "MURASAKINO" ; Private residences
   撮影者 岡田大次郎
西陣の織屋建の町家が続く通りに新築された住宅です。計画敷地にあった既存町家は、織屋建町家に本来あるべき奥の仕事場を増築し、賃貸のアパートに改築してあったので、リフォームによる住宅を断念しました。この既存町家を解体し、新たにアトリエ付の住宅を新築しました。周辺の町並みに調和がとれた外観を検討するのはもちろん大切ですが、細長い敷地の中に、仕事に使用するアトリエと住居を設定することにより、この町の住宅がもつ構成に近づけています。昔の機織りの工房ではありませんが、創作するという意味では同じアトリエを併設する住宅を設計したことで、この地域にフィットした家が出来たのではと考えています。
八天堂カフェリエ_竣工2016年5月 Dec.2016
Hattendo Branch "Cafelie" front of HIroshima Airport.
撮影者 ad box photography inc.

(株式会社電通関西支社の設計監修の下に、設計と監理を担当しました)

広島の三原に本社がある、くりーむパンで有名な株式会社八天堂が広島空港のすぐ近くにオープンしたカフェです。「見られる、作れる、食べられる、スイーツパン工房」をコンセプトに新築された建物です。コンセプトの通り、パン作りを間近で見学でき、パン作りを体験できる体験工房があり、スイーツパンを中心にしたメニューを食べられるカフェと、八天堂のパンを買えるショップもあります。鉄骨造の平屋ですが、勾配屋根によって天井を高く設定し、光あふれる空間になっています。周辺の緑豊かな環境と一体になって、食事ができるカフェが出来ました。
京都ゲストイン長岡京_竣工2016年3月 2016.09
Kyoto guest in Nagaokakyo
現場レポートを開く スケッチを開く
CGを開く
制作 SpeedCG

撮影者 岡田大次郎
長岡京市に新しくできた阪急電車西山天王山駅の東側徒歩5分程度のところに、観光客向けの小さな宿泊施設を建設中です。
阪急電車の駅ができたことにより、この場所が京都市内や大阪、神戸など関西一円を観光するための拠点として活用することが可能になりました。しかしながら長岡京市には、宿泊施設がほとんどありませんので、この計画は地元でも注目されています。京都には近年、海外からの多くの観光客が訪れていますが、彼らは宿泊先に旧来のホテルではなく、京都の雰囲気を感じられ日本の生活が疑似体験できるような空間があり、手軽に泊まれる宿を選ぶことが多くなっているようです。今回はまさにそのような要望にマッチした空間を創造しようとしています。客室は4室だけですが、ファミリーで泊まれる広さで木造2階建てです。カフェは宿泊客や地元の方にも利用してもらいたいです。
フレーム表示になっていなかったらここをクリック「テクトスタジオHOME」